What's new



ご来場頂きまして ありがとうございました。



去る3月4日・5日、東京渋谷区恵比寿において、
第14回播州織総合素材展が開催されました。

昨年と装いを一新して、よりオープンな会場となり
開放的で明るく、全てのブースをご覧戴けるように
配置に工夫しました。

2日間の模様をご覧下さい。


会場イメージ。
中央にインデックスコーナーを設置し、各社のイチオシ
商品を展示。そこから放射状に出展者のブースが立ち
並んでいます。広くて明るいでしょう?
弊社のブースです。
正面に神戸ファッション専門学校の生徒さんに作製
戴いた、出展部署の生地を使ったイメージマップを
展示・紹介しました。左は短繊維3部・右がテキスタイル5部。
左半分は、短繊維3部のドレス素材を使い、「ドレスシャツ」
「ビジネスワーク」「カジュアルスポーティ」を表現した市原さん作。
右半分は、テキスタイル5部のカジュアル生地を使い、
「ナチュラル」「ガーリー」「ユニセックス」を提案した加藤さん作。
ドレスシャツがメイン素材の短繊維3部6課。
100/2や120/2番手の高級綿糸を使用したドビー織物。
什器の上段で縫製品(シャツ)を展示しました。
こちらが下段。チェックが見えてますが、カジュアルな
素材も企画してます!二重ガーゼのリバーシブルや、
麻100%のギンガムやコンパクト綿使用のコート地など。
カジュアル素材を得意とするテキスタイル5部。
上段で、企画商品をパターンでマップ展示しました。
縫製品ではショール・帽子・バッグを注目素材で!!
下段では短繊維3部と同様、生地ハンガーと縫製品
で展示。シャギー起毛チェックや綿/麻素材が人気。
ムラ糸ダンガリーやコンパクト綿80/1素材なども・・。
インデックスコーナーです。
ちなみに、今回の総合テーマは「NEO VALUE」。


その全貌です。
出展各社「これぞ!」というイチオシ商品を8点ずつ
ここでPRし、各ブースでも同商品を展示しました。
無地やシンプルな色・柄が多く、少しPR不足?
  
ここは会場入口に位置する「遊綿心」コーナー。・・・なんて読むか分かります?「ゆめごころ」なんですよ。
出展社の中から選抜された産元6社が「播州織ブランド新商品試作委員会」に参加、各社2〜3点の「他に類を見ない」
試作品を作り上げました。背景には神戸ファッション専門学校とのコラボレーションがあり、コンセプトや縫製デザイン
などをお互いに交換会を設けて進めてきました。上の3つの写真はすべて当社作品で、左から順に「綿/竹 5枚サテン」、
「生分解性ポリエステル ツイルチェック」、「先染め×プリント」となっています。お問い合わせはコチラまで。
商談風景です。

同じく。



今展、来場された方の人数は831名(昨年880名)と
盛況のうちに幕を閉じることができました。
天候の影響(初日は昨晩からの雪と雨)でスタート
ダッシュはキレませんでしたが、各社前年を上回る
商談成果を上げられたのではないでしょうか。
それだけ、充実したお客様との対話があちらこちらで
見受けられたのです。

御来場頂きました皆様、ありがとうございました。
これからも播州織産地&桑村繊維株式会社は
全力でNEO VALUE=「新たな価値」を提案します!




All Contents Copyright(c) 2005 KUWAMURA CO., LTD. All Rights Reserved.
WEB MASTER : Y.Fukumoto