ホームページ > そのほか > 播州織とは

播州織とは


私たちは、織物の企画・デザイン及び生産から販売までを、一貫したプロセスで行っております。

01原糸入荷

紡績より原糸が入荷

02巻~染色~糊入

ソフトチーズ巻き

原糸を良く染まるように、ソフトに巻き直す。


チーズ染色

ソフトに巻かれたチーズを、染釜で指定色に染めていく。


ビームツービーム

チーズ染色糸をタテの縞柄に応じて部分整経し、糊付け。

荒巻ワーパー

原糸のコーンからタテ糸用に、染色ビームに巻き取る仮整経。


ビーム染色

織物のタテ糸を、この段階で染めていく。


一斉サイジング

染色用ビームを指示柄により組み合わせ、一度にタテ縞の整経及び糊付けを行う。


03 畦取り~製織

畦取り

ビームに巻かれたタテ糸を柄組し、綾ヒモを通す作業。


経通し

織物の規格に応じて、タテ糸を綜絖(ヘルド)・筬(リード)に通す。


管巻

シャトル織機用の管に巻きなおす。


製織(平)

平織り専用工場。


製織(シャトル織機)

平織り(シャトル)専用工場。


製織(ドビー)

ドビー織り専用工場。



04検査

織り上がってきた織物はすべて検反(検査)を行う。


05仕上げ加工

用途に合った風合いに、整理・加工仕上げされる。


06出荷

加工上がりの製品反物は、コンピューターで管理され出荷を待つ。